しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

介護離職

2017年4月23日(日)晴れ

昨日、横浜市からご来院されたMさん(50才、男性)は両肩と首の痛みにお困りでした。

お仕事柄パソコンの前に座っている時間が長いとのことでした。

施術前の両手をバンザイする動的検査の際にも

ものすごく重たく感じられました。

筋肉は使いすぎても使わなさすぎても

硬化して不調の原因となります。

しんそう療方は呼吸に合わせて大きく手足を

動かしてゆがみを調整していくので、

リハビリ効果も高いと思います。

Mさんは週1度のペースで約3ヶ月継続。

そろそろ隔週くらいに減らせるかなと

考えておりました。

ところがMさんは5月から郷里の愛知県に

帰られるとのことでした。

独り暮らしのお母様が脳梗塞で入院されたため、

仕事を辞め、お母様の介護をする決意をされたとのことでした。

介護離職。

ニュース等では良く耳にしておりましたが、

私の周りでは初めてでした。

大変な時代になりました。

これからの仕事などなど

多くの困難が予想されるMさんの

ご幸福を祈らずにはいれません。
スポンサーサイト

身体が左に…。

2017年4月15日(土)晴れ

本日は初夏のようなお天気となりました。

外出時もいきなり半袖で大丈夫でした。

施術室も暖房から冷房に切り替えるようですね。

さて、昨日は相模原市からIさん(48才、女性)がご来院されました。

Iさんは疲れると坐骨神経痛や肩こり、偏頭痛が出てしまうことにお困りでした。

身体の歪みで言うと、身体がかなり右側に傾いているのが特徴でした。

普段から痛みがあるわけではないので、週に1度のペースで

少し気長に継続してくださいねとお話しました。

Iさんは少林寺拳法の有段者です。

ということで、施術前にはちょっとした練習会となります。

道院では級拳士の指導にもあたられているとのことで、

どのように伝えたら、皆が上手になるかを

常に考えておられる様子でした。

練習は週に3回あるとのことでしたが、

仕事や家事と上手に両立されておられるようです。

本当に頭が下がります。

施術後にIさん曰く。

「不思議ですね。身体が左に引っ張られるような感じがします。」

右下がりの身体を調整すると、

そんな感じになることがよくあります。

良くなっている証拠です!



ギブソン SG

2017年4月11日(火)雨

本日2度目のブログ更新です。

今日は雨降りの一日だったので、

お客様のいらっしゃらない時間はポスティングではなく、

エレキギターを弾いて過ごしました。

やることは他にたくさんありますが、

ついついギターに手が伸びてしまいます。

今までにたくさんのギターを買ったり手放したりしてきましたが、

今の愛器はギブソンのSGスタンダード。

昔から知ってはいましたが全然興味がなく、触れたこともありませんでした。

なんだかクワガタムシのメスみたいな形で好きになれませんでした。

ところが、昨年のある日、楽器屋さんの勧めで

手にした瞬間、一瞬で好きになりました。

膝に乗せて抱いた感じ、太くてしっかりとしたネック、そして何よりも良く鳴るサウンド。

馬には乗ってみよ人には添うてみよという故事がありますが、

ギターは抱いてみよ。でしょうか?

今日もビートルズのCDに合わせてプレイして楽しみました。

ずっとずっと弾いていたい気持ちになります。

「やるべきことより、楽しいことをやる。」

今日の格言です。(笑)

正しいのかどうかはわかりません。

でも、楽しかった。長生きしてもっともっと上手になりたいです。
IMG_0713.jpg

母との食事

2017年4月10日(火)雨

本日も母を夕食に呼びました。

妹夫婦と同居している母ですが、

最近一人で食事をすることが多いとのことで、

週に1度は私と一緒に夕食をとるようにしています。

長女は大学で遅いので、2人っきりの夕食です。

いつものように同じ話で始まり、同じ話で終わります。

別れ際には「いつもありがとうね。」と握手です。

メニューは鳥の手羽元と大根の煮込み。

トマトを入れたら、とても美味しくできました。

幸せな光景

2017年4月5日(水)晴れ

今日はお客様を送迎する自動車の中から

スーツを着たご両親と新入生のお子さんが

桜並木の下を幸せそうに歩いているのを

何度も見ました。

入学式のシーズンですね。

私も2人の子供がいますが、

その当時は仕事も不安定で不安でいっぱいのなか、

子供たちの入学式に参加しました。

もっと楽しい気持ちで過ごしたかったです。

子供たちの成長を楽しみたかったな~。

でも、でも…。

自分を慰める意味で、あえて言うなら

「深い魂を授かった。」

自分で言ってりゃ世話無いよ。

ただ、そうありたいと

常々望む私です。
次のページ

FC2Ad