しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

歴史の生き証人

2017年6月29日(木)晴れ

本日ご来院されたKさんは

大正15年生まれの91才。

戦時中は志願兵として海軍に入隊され、予科練で2年間過ごされたそうです。

終戦間際には鹿児島にて特攻隊に所属されておりました。

出撃準備の命令が出た時は足の震えが止まらなかったそうです。

しかしながらどのような事情があったのかは不明のまま、

出撃は延期となり、終戦を迎えられたとのことでした。

すっかり腰は曲がってしまったkさんですが、

私は背筋を正してお話を拝聴しました。

淡々と語るKさん。

遠くを見つめる眼差しは優しかったです。

私の心の中にはたった一つの言葉が…。

「リスペクト(尊敬)」

私が現在抱えている悩みのなんとちっぽけなことか。

絶対にKさんに喜んでいただけるように

頑張ります。
スポンサーサイト

出船の精神

2017年6月8日(木)曇り

本日、ご来院されたHさん(89才、女性)は茶道の裏千家の師範をされています。
一時は腰痛で歩けなくなってしまいましたが、しんそう療方に出会われてからは
お元気に過ごされております。
今は亡きご主人さまは戦艦伊勢の砲撃手をされていたとのこと。
Hさんご自身も学生時代は学徒動員で手榴弾や弾薬を造っていたそうです。
「私は勉強はまったくしていないのよ。」とHさん。
「戦争はだめね。でも、無駄なことだけではなかったわ。」
Hさんが常に心がけておられるのは
「出船の精神。」
旧帝国海軍の教えだそうです。
いついかなる時にも戦艦を迅速に発進できるように
平時においても心がけよというものだそうです。
今この平和な日本において
このような心持で過ごしている人はいったい何人いるのでしょうか?
89才の女性は
私の心の師であります。
このような方が当院にはたくさんおいでになられます。
これを幸福と呼ばずして何が幸福でしょう?
Hさんが帰りがけに仰いました。
「お宅に伺うのが楽しみよ。」
合掌。そして感謝。
お客様には礼を尽くす。
だけど媚びない。
本当の信頼関係を築きたいです。

2017年6月しんそうタイムズ

2017年5月31日(水)晴れ

いよいよ6月を迎えますね。日によっては初夏のような暑さの時も多く、今年の夏はどうなるのかなと少し心配になる今日この頃です。今年は降水量も少ないとのことなので水不足にも要注意ですね。テレビや新聞では高安関の大関昇進のニュースで賑やかです。平成生まれの日本人力士としては初の大関昇進とのことでした。このような明るいニュースは楽しい気持ちになりますね。
ところでお話は変わりますが先日、お客様をご自宅までお送りした帰り道のこと。とある信号で右折のウィンカーを出して待っていたところ、対向車線からも右折のウィンカーを出した自動車が走ってきました。通常、こういう時は同時に右折をできるのですが、対向車が減速せずに来たので停止して待っていたところ、そのまま直進して通り過ぎていきました。運転していたのは80才代と思われる男性でした。おそらく右折のウィンカーを出していることに全く気付かれていないのでしょう。もしも私が右折していたら間違いなく大事故になっていたことでしょう。最近、高齢者の判断ミスによる事故がよくニュースになっていますが、本当にヒヤリとしました。思わず合掌して無事を感謝しました。
今月の症例報告
さて、今月の症例は大和市在住のNさん(27才、女性)です。
Nさんが初めてご来院されてから1年になります。
きっかけはNさんのお母様が当院をご利用されていたのがご縁となりました。
Nさんはとても華奢な感じの方でした。
ご来院までの7年間、鬱病と不眠、背中と首の痛みにお困りでした。
施術を開始した当初は好転反応がとても強く出てしまい本当に大変でした。
今までにも何度か好転反応についてはお話をさせていただきましたが、
好転反応とは慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられています。だるさや眠気、ほてり等を感じるケースが多く、その他にも発熱、下痢、発疹、咳などに現れることもあります。Nさんは「このままどうなってしまうんだろう?」とご心配されていましたが、私が絶対に良くなるからと必死でご説得しました。
現在は身体の痛みはほとんど無く、不眠に関しても
以前の半分の量の睡眠薬で済んでいるとのことでした。
根気よく施術を継続して、将来的にはお薬を止められるようになりましょうねとお話しました。
今までは3週に1度の施術でしたが、次回からは一月に1度になりました。
つい最近ご来院された際のNさんは髪をばっさりと切られて、印象がずいぶん違いました。
「少しボーイッシュにしてみました。」とNさん。
初めての時は不眠によるせいか、ぼーっとした精気のない表情でしたが、
現在はとてもエネルギッシュです。
Nさんが身体も心も健康になり、もっともっと前向きな気持ちになられたとしたら嬉しいです。

新たなる師匠

2017年5月28日(日)晴れ

本日ご来院されたWさん(68才、女性)は腰痛と左足のシビレにお困りでした。

週2回の施術を始めて1ヶ月程になります。以前は家事がまったくできなかったWさんですが、このところ、少しずつできるようになられたとのこと。根気よく続けていただきたいです。

ご来院の際にはいつもご主人が自動車で送迎されます。

今日も施術後の会話でご主人の話題になりました。

Wさんとは同級生だったというご主人はご自分で町工場を経営されています。

やはり経営には幾多のご苦労があり、先代社長の莫大な借金を背負われて

大変なご苦労の末、今日に至っておられるとのことでした。

ご主人はいつも朗らかな笑顔の方で、

そのような苦労は微塵も感じられません。

「俺は偉いんだぞ。」と肩で風切って歩いている人も

多い世の中ですが、このような方こそ

リスペクト(尊敬)です。

「漢(おとこ)ありき。」

また新たなる師匠と出会うことができました。

母の日のすき焼き

2017年5月14日(日)曇り

本日は母の日でした。

理由があった方が母が来やすいので

夕食に母を呼びました。

メニューはすき焼きです。

割り下は濃口醤油、お酒、みりん、お砂糖、

そしてトマトとお酢を少々。

私はお蕎麦やうどんの汁にも

トマトとお酢を入れます。

和食全般に合うと思っています。

あっさりとしていて、独特の旨味があります。
IMG_0745.jpg
次のページ

FC2Ad