しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

昇段試験に付き添いました。

2009年6月28日(日)雨

今日は私の少林寺拳法の道場から2人の中学生が
初段の試験に挑戦して、無事に合格しました。
小学校1年生で入門し、中学1年生で初段ですから
7年間頑張ったわけです。
大したもんです。
私はけっこういい加減ですが、
門下生はまじめな人が多いようです。
指導しているようで、実際には私が学んでいるのかもしれません。
道院長という役割を与えられたことに、心から感謝しています。
昨日、マイケル・ジャクソンさんが亡くなられ、大ニュースになっていますが、
私は彼が幸福だったかどうかは、わかりません。
しかし、彼は天から与えられた世紀のエンタティナーという役割を見事に
全うしたのだと思います。
私の役割は、しんそう療方師として
人々の健康のお役に立ちながら
少林寺拳法の指導を通じて青少年育成に尽くすこと。
この役割。
なんとか全うしたいと心から思いました。
それが私にとっての幸福なのでしょう。
今日はここまで。
いつも読んで頂きありがとうございます!
スポンサーサイト

ミイラ取りがミイラに…。

2009年6月16日(火)雨

お久しぶりです。約20日ぶりのブログです。
この6月で開業いらい4年目を迎える当院です。
応援していただいた多くの皆様には心より感謝しております。
『石の上にも3年』と申しますが、本当ですね。
1年多くかかりましたが、順調に伸びております。
林会長の提唱された『健康の原則は身体の形にある!』というしんそう療方…。
毎日多くの方がご来院してくださり、喜んでいただいております。
ところで、先週の土曜日、施術中に患者さんからの電話が…。
中腰の状態で電話に手をのばした瞬間、『ぎくっ』。
『あたたたた…』なんとなんと私自身がぎっくり腰に!
なんとか施術を終え、患者さんに私の後姿を写真に撮ってもらうと、
身体が左側に傾いていました。
帰り際、患者さんに『先生、お大事に』と言われてしまいました。
今日で4日目になりますが、仕事を休むこともできず、
痛みは依然としてあります。
まあ、何事も経験ですから、患者さんの身になって考えることができたということで、
この体験もプラスに考えていきたいと思います。
有り難いことに、しんそう療方は力をほとんど使わないので、腰が痛くても
なんとかなります。
(前傾姿勢になるものは、さすがに無理でした。)
一番きついのが、車の乗り降りと靴下をはくこと…。
今後のこともあるので、小学校4年生の長男に、しんそう療方を仕込もうと
本気で考えております。
しかしながら、トホホな話ですね。
今夜も麻酔がわりにビールを流し込む予定です。
それでは!

FC2Ad