しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お刺身という奇跡

2011年9月30日(金)晴れ

皆さん、おはようございます。
今日は穏やかな秋晴れです。
そして明日から10月…。今年も終わりに近づいてきましたね。
昨夜のテレビで、日本の魅力再発見という番組を放送していました。
そこで、取り上げられていたのは「お刺身」でした。
舞台はシンガポールの日本料理屋さんです。
そこのご主人は食材の魚を全て日本から2日間かけて空輸しているとのことでした。
シンガポールは海も近く、新鮮な魚介類は豊富にあるはずなのに「何故?」
というところからスタートです。
答えは「魚の扱い方が全く違うから」ということでした。
日本では漁師さんが魚を取った瞬間から、魚市場で売買されるまで、
徹底した品質管理がおこなわれます。
例えば、漁師さんが網で捕獲した魚は、前もって準備されていた大量の氷につけこまれます。
そうすると、魚が苦しまずに死ぬので、鮮度が良いままで保存できるのだそうです。
もしも、大漁過ぎて、氷が間に合わない時は、保存できない魚を海に帰してしまうこともあるそうです。
それ以外にも、魚が私達の食卓に載るまでに無数の工夫が施されており、
その技術は他国が30年経っても追いつかない…ということでした。
コメンテーターの方によれば、「お刺身」は、いってみれば
死んだ魚を生で食べるということで、他国では考えられないことなのだそうです。
ですから、お刺身はまさに日本文化を象徴する奇跡だということ。
日本人の細やかな心配りが再認識できて、とても嬉しかったです。
それでは!
スポンサーサイト

文化祭。そして最後の運動会。

2011年9月25日(日)晴れ

皆さん、こんにちは。9月も終わりに近づいてきましたね。
朝晩は寒さを感じます。
台風と共に夏も去って行きました。
23日(金)は、長女(高1)の高校で文化祭がありました。
私は妻と共に見に行きました。
中庭のステージでは、野球部の男子がコミカルなダンスを披露。
そして、コーラの一気飲み競争…。
物凄い盛り上がりです。
若いエネルギーがムンムンと漂っています。
校舎に入ると、軽音楽部のバンド演奏の部屋が…。
音楽好きな私は、すかさず入りました。
薄暗い部屋のステージでは、4人の女の子バンドが演奏していました。
エレキギターの大音量に、妻は耳をふさいでいました。
私も高校の文化祭で、バンド演奏をしました。
「バンドって良いな~。夢がいっぱいで。」
私は自分がおじさんだなと痛感しました。
学生でごった返す廊下を進むと、長女の教室がありました。
長女のクラスは、ジュースとシューアイスの販売をしていました。
友達と一緒の長女は、照れくさそうにしていました。
お昼には、男子学生の作った焼きそばを食べました。
30分ほど並びましたが、美味しかったです。
若さっていいですね。
無限の可能性を感じました。
私も来年は50才…。
年老いていくのではなく、カッコイイ大人であり続けたいです!
そして、昨日24日(土)は小6のR太郎の最後の運動会でした。
R太郎は体育委員だったので、最初と最後の生徒全員の体操の際に、
朝礼台の上で号令をかける役でした。
体格のよいR太郎は、とても堂々としていて、恰好よかったです!
100メートル走は5位でした…。
お昼に一緒にオムスビをほおばりながら、
「こういうことも最後なんだな~」と胸に迫るものがありました。
子供達はどんどん成長していきます。
私も頑張らなきゃ。
仕事をばりばりこなして、少林寺拳法の指導に汗を流して…。
格好いいパパでいたいです。
それでは!

台風一過。

2011年9月23日(金)曇り  

先日の台風15号は、大規模な停電や交通機関の混乱を招いた後、去って行きました。
家がガタガタと揺れましたから、かなりの強風だったのでしょう。
近所の家の植木が倒れて、道路を塞いでいたり、コンクリート塀が倒れていたり、
近年の台風にはなかったことでした。
今年は本当に自然災害が多いですね。
人間が自ら招いた部分も多いのではと思います。
人間も地球上の生物の一部…。
自然と調和した生き方をしなければならないのでは。
皆さんはどう思われますか?
それでは!

台風15号接近中!

2011年9月21日(水)雨

皆さん、こんにちは。先ほどから狂ったような雨風です。
家が揺れています。
今夜の少林寺拳法の練習は中止にしました。
私は家で仕事をしていますが、
通勤されている方は、帰りが大変だと思います。
大きな災害がないことを祈るだけです。
皆さん、お気をつけて!

ズーラシアに行って来ました。

2011年9月18日(日)晴れ

皆さん、こんにちは。今日も暑い一日でしたね。
世間では3連休の中日…。
私とは無縁な世界の話です。
でも、今日は仕事は午前中で終わりにして、
妻と小6のR太郎を連れてズーラシアに行って来ました。
R太郎も、もう小6…。
動物園で、喜んでくれるかなと心配しながら向かいました。
でも、R太郎は「思ったより、楽しかった!」と喜んでくれました。
そして、帰り際に一言…。
「パパ、今日は楽しかった?」
私「楽しかったよ。」
R太郎。「良かった。だったら良いよ。」
本来なら私からR太郎に聴くはずの事を、先に言われてしまいました。
R太郎も、私のことを気遣うほど、大人になったのかなと感動しました。
そういえば、最近、声変わりなのか、かなりハスキーな声になってきました。
子犬のように可愛かったR太郎が、大人の男に変わり始めている…。
嬉しいです。
嬉しいけれど、ちょっと淋しいような…。
いつまでも、ぎゅっと抱きしめてあげたい存在です。
それでは!
オカピとのツーショットをR太郎が写してくれました。
018.jpg

ドナルド・キーンさんの言葉。

2011年9月3日(土)曇り時々雨

皆さん、ドナルド・キーンさんをご存じでしょうか?
私は名前だけはなんとなく知っておりますが、
たしか日本文学の研究をされていた方…だったっけ?
インターネットで調べてみると、米コロンビア大学の教授で、
日本の文学にも大変造詣の深い方ということでした。
その方が日本国籍を取得して、今後の人生を日本で暮らす予定であると
Y新聞の記事にありました。
ドナルド・キーンさん曰く。
「ニューヨークで、テレビ画面を通じ、
東日本大震災の黒い津波の脅威を見た時は、打ちのめされました。
しかし、家が流されても取り乱さず、
人を思いやる日本人の姿を見て、誇りが湧きあがりました。
私から日本をとったら何も残らない。
日本人として残りの人生を生きたいと強く思いました。」
とのことでした。
また、「東北は必ずや復興する。」とも語っておられました。
『私から日本をとったら何も残らない。』…。
しびれました。
ドナルド・キーンさんに恥ずかしくない、
本物の日本人になりたいです!
それでは。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。