しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

時空を超えて

2012年3月26日(月)曇り

皆さん、おはようございます。
来そうでなかなか来ない春…。そんな感じの毎日です。
今から約20年前。
1991年の1月からの1年間、私はカナダはアルバータ州カルガリーにて過ごしました。
現地の少林寺拳法の拳士を指導する傍ら、バンクーバーやトロント、
アメリカのモンタナ州などの支部を訪ねました。
当時の私は29歳。
少林寺拳法に夢を託して燃えていた時期でした。
そして当時、カルガリーの支部に所属していたカナダ人女性にSさんという方がいました。
結婚されていて2児のママでしたが、少林寺拳法を非常に熱心に修練されていました。
私が滞在していた期間を通して、ホームパーティーに招待してくださったり、
一緒にピクニックに行ったりと、とても親しく面倒を見てくださりました。
おそらく当時は30才くらいではなかったかなと記憶しています。
とても素敵な女性でした。
私が帰国した後も時々手紙のやりとりを続けていましたが、
いつしか疎遠になってしまいました。
知人を通して、スポーツマッサージのセラピストになったと聞きましたが、
引っ越してしまい、住所は不明でした。
私の記憶の奥に残る美しい思い出…。
よもやこの世で会うこともないだろうな…。
ところが…。昨夜、自宅の電話が鳴ったので受話器を取ると、
兵庫県のIさんという方からの電話でした。
「初めてお電話さしあげます。失礼ですが、少林寺拳法をされている星 亨さんでしょうか?」とIさん。
聞くところによると、Iさんはセラピストを目指して勉強中という方でしたが、
先日、カナダから来日して講習会を開いた、とあるボディーケアの講師の先生に
「ある人を探してほしい」と頼まれたとのことでした。
その人とは「ショウリンジケンポウをしているトール・ホシ」です。
Iさんは、外人さんの発音が正確に理解できずに、
インターネット上でかなり探した挙句、
私のブログにたどり着き、お電話をくださったのでした。
もちろん、そのカナダ人講師とはSさんでした。
私は信じられない思いで、Iさんに教わったアドレスにメールをしました。
もちろん、ブロークン・イングリッシュです。
そしたら、今朝…。
Sさんからお返事が届きました。
こんなこともあるんですね。
時空を超えて…。
生活にまみれた今の私に、夢の甘酸っぱい余韻が…。
がんばらなきゃ。
それでは!
スポンサーサイト

R太郎の卒業式

2012年3月20日(火)晴れ

皆さん、おはようございます。
今日も気持ちの良い晴天になりましたね。
梅の花もちらほら見かけるようになりました。さて…。
昨日はR太郎の小学校の卒業式でした。
早起きしたR太郎が私のところにやってきて、
「パパ、ネクタイ締めて。」
普段、あまりネクタイをしめたことのない私は、
鏡の前でR太郎の後ろにたち、たどたどしくネクタイを締めてあげました。
紺のブレザーにグレーのスラックス。
R太郎は急に大人になったように見えました。
親ばかですが、R太郎はプロゴルファーの石川遼さんに似ているとよくいわれます。
本当に親ばかですが、最近急に背がすらっと高くなり、鼻筋が通ってきて、
絶対に女の子にもてるようになるなと思いました。
登校前に母に見せにいくと、本当に喜んでくれました。
午前10時、卒業式開始。
すぐに、卒業証書の授与です。
R太郎の番が来て、私は瞬きもせずに、その光景を脳裏に焼き付けました。
卒業式が終わり、友達とはしゃぐR太郎。
大人になったな~。爽やかな好青年です。
R太郎とツーショット写真を写して、家に帰ってから
パソコンで見てみました。
私…。歳をとったな~。
お地蔵さんみたいな顔して写っていました。
それでは!

行列のできるラーメン店に行きました。

2012年3月19日(月)晴れ

皆さん、おはようございます。今朝は気持ちよく晴れました。
今日はR太郎の小学校の卒業式です。それに関しては後程書きたいと思います。
昨日、妻と2人で町田まで買い物に行きました。
ミーナ町田の中にあるユザワヤでカーテンを買うためでした。
広いフロアー内には所せましと色とりどりの生地がおいてあります。
あれこれ迷いながら、決めるのに一時間ほどかかりました。
暖房が効いていたので汗びっしょり…。
かなり疲れました。
町田は楽器屋さんも多く、あちこち寄り道しながら駅へ向かっていると、
とある店の前に5メートル程の行列が…。
よく見るとラーメン店のようでした。
めったにないことなので、妻と行列に並びました。
店内に入ると、従業員は全員女性でした。
私はラーメン大盛、妻は味玉ラーメンを注文。
30分程待たされて、ラーメン登場。
魚介類の出汁の効いたスープに、細麺。具材にはチャーシュー、しなちく、海苔、
そしてレタス。
あっさりとしていて、とても上品な味でした。
女性客も多く、「女性が作る、女性のためのラーメン」という感じでしょうか?
妻と外食したのは本当に久しぶりでした。
夕方5時頃帰宅すると、R太郎が「腹減った~。どこに行ってたの!」
とご機嫌ななめ。
外食したことは内緒にしておきました。
楽しい一日でした。それでは!

マッサージに行ってみました。

2012年3月13日(火)晴れ

今日は本当に気持ちよく晴れましたね。ただ、風はちょっと冷たいですけど…。
私がよく買い物に行くスーパーの店内に接骨院があります。 
最近は駅の構内にもリラクゼーションのお店ができたりもしています。
今日はスケジュール的にはのんびりだったので、そのスーパーにお昼の食材を買いにいきました。
そしたらガラス張りの接骨院には患者さんがいませんでした。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」孫子の兵法にもあるので、
私は接骨院に入ってみました。
カルテに必要事項を書き込んで、1500円コース(15分)を選びました。
20代と思われる先生が来て、まずはベットにうつ伏せに…。
「痛かったら言ってくださいね。」
かなりグイグイ押してきます。
私の行っているしんそう方はかなりゆるやかな調整法です。
例えると、マッサージはレスリングやボクシングのような感じ。
しんそう方は太極拳かな。
上半身中心に十分揉んでいただきました。
「かなり固いですね。特に左半身が…。」という先生の診断でした。
さて、私の感想です。
マッサージは敵でもライバルでもありませんでした。
まったく違う目的をもって行われる、まったく違う技術です。
肩こりの酷い人は力いっぱい揉んでもらったら、気持ち良いでしょう。
でも、身体のゆがみは治せないなと感じました。
マッサージは攻めの技術で、
しんそう方は調和の技術…。
どちらが良いかは人それぞれかもしれません。
でも、今日は体験してみてよかったです。
自分の仕事に誇りを持ち、迷うことなく進んでいきたいです。
それでは!
 

初めての筆談。

2012年3月11日(日)晴れ

皆さん、こんにちは。今日は久しぶりの晴天となりました。妻はたまってしまった洗濯物と格闘しています。
そして、何よりも今日は昨年おきた東日本大震災から、ちょうど1年…。
テレビや新聞では震災後の日本についての特番がぎっしりです。
改めて、被害の大きさを実感するとともに、まだ全く未解決の原発事故の現状には、身がすくむ思いでした。
もう一度、大きな地震が来て、使用済み核燃料の貯蔵プールが壊れてしまったら、日本は終わる…。
でも、そのための対策は遅々として進んでいない…。
私は今の日本の危機的な状況と政治とが、うまくかみ合っていない恐ろしさを感じています。
といっても政治にはまったく無知な私ですけど…。
まずは、震災の犠牲者の方のご冥福をお祈りしたいと思います。
さて、今日の本題です。
今日の午前中に初めてご来院くださった男性は耳がご不自由な方でした。
長年、柔道をされているということで、かなりがっちりした体格の方でした。
私もがっちりしている方ですが、二回りくらい大きかったです。
しばらく筆談にて武道談義に話がはずみました。
筆談とゼスチャーと顔の表情だけによる会話はなんだかとても新鮮でした。
施術を始めると、身体のあちこちに、かなり動きの制限があることに気がつきました。
全身、怪我だらけということ。
次回の予約はメールでということで、帰られましたが、
とても温和な方で、本当に強い人はこうなんだなと納得しました。
私も見習いたいなと思いました。
それでは!

FC2Ad