しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

ボブ・マーリーより初音ミク?

2012年6月28日(木)晴れ

皆さん、こんにちは。
このところ気持ちの良い晴天の日が続いていますね。
テレビでは、消費税率引き上げと民主党の内紛のニュースでもちきりです。
評論家の先生が言うには、
「社会保障には何の進展もない。ただ増税を決めただけ。」とのこと。
本当のところは…。どうなんでしょうね。
私は政治がどうあれ、私自身が世の中の一隅を照らす人間でありたいです。
ところで…。
私の少林寺拳法の門下生のお母さんに、Sさんという「ラボ・パーティー」の先生をされている方がいます。
(「ラボ・パーティー」とは英会話の学習を中心に、様々な活動を行う中で、コミニュケーション能力を高めて、
社会に有意義な青少年を育成するもの…。と私は理解しています。)
そのSさんの自宅にカナダから来た女子高生が4週間ほど、ホームスティをするとのこと。
それでは、ということで昨日、私の道場にて、歓迎会を行いました。
ご両親はジャマイカ出身という18歳のKさんは、身長が180センチほどある、ちょっとシャイな女性でした。
日本語もけっこう話せて、日本のこともかなり知っているようでした。
年少部の拳士が「花笠音頭」や「八木節」の踊りを披露したりと、とても楽しい会でした。
私は、もちろん歌とギターです。
Kさんのご両親がジャマイカ出身と聞いていたので、ボブ・マーリーの
「ノー・ウーマン・ノー・クライ」という歌を披露しました。
(ボブ・マーリーはジャマイカ出身の私が大好きなミュージシャンです。)
結果は…。
私が想像していたほどには、受けなかったかな?
(私の音楽的な才能に問題あり?)
Kさんに普段はどんな音楽を聴いているのか尋ねると、
なんと、Kさんの一番好きな歌手は「初音ミク」とのことでした。
Kさんは日本のアニメが大好きとのこと。
驚きました。
そういえば、アニメのコスプレなども海外で盛んだというニュースも時折、耳にしますよね。
日本のサブカルチャーは世界中に広まっているのですね。
勉強になりました。
それでは!
スポンサーサイト

週に一回の親孝行

2012年6月18日(月)晴れ

皆さん、こんにちは。なんとなんと1ケ月ぶりのブログです。
この一月もいろいろなことがありました。
いろいろ有りすぎて、何を書いたらよいのやら…。 
ところで…。
今年に入ってから、私は一週間に一度、76歳の母にしんそう方を施術しております。
私の母は背が高くて若々しい人でしたが、やはり年齢には勝てません。
今年になってから、腰の痛みを訴えるようになりました。
また、若い時に左肘を脱臼しているのですが、その古傷がかなり傷むらしいのです。
そこで、今まで親孝行らしいことを何一つできなかった私ですが、
遅まきながら自分にできるとをやろうと思い、始めました。
最初に母を正座させて、背中を見たときには、小さくなった背中がかなり歪んでいることに、
驚きました。
「心配ばっかりかけてきたな~。」としみじみと思いました。
それいらい約半年になりますが、なんとか継続しております。
「亨の手は温かいね。」と母。
「気が出ているからね。」と私。
自慢になりますが、他の患者さんからもよく言われるんです。
私自身、気の修練はしたことはありませんが、少林寺拳法を35年間も続けているので、
もしかしたら、出ているのかもしれませんね。
次はあまり間を空けないでかくつもりです。
それでは!

FC2Ad