しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

しんそうタイムズ6月号

2015年6月8日(月)晴れ

今年の5月は本当に晴天続きでしたね。初夏を想わせるような日差しの強い日も多くありました。6月になればすぐに梅雨…。そして暑い夏がやって来ます。
ところで、今年の4月から縁あって長崎の高校に通う長男のR太郎。
入学以来、クラブ活動も勉強もかなり厳しく指導されているらしく、かなりバテている様子です。
また、親元を離れての生活に予想外の苦労をしているようです。
私には直接連絡は来ませんが、妻とはラインでやりとりしている様子…。
カトリック系の高校なので、神父様もされている校長先生がいろいろと気にかけてくだっさっているとのこと。また、友人もたくさんできて、まわりに助けられてなんとか頑張っているみたいです。R太郎は今、まさに「人生の勉強」をさせてもらっているのでしょう。他人を思いやれる優しい青年になってもらいたいと願う今日この頃です。
今月の症例報告
今月の症例は大和市在住のSさん(63才、男性)です。当時、Sさんは大和市の学校給食を配送するドライバーをされていました。Sさんが初めてご来院されたのは2008年2月でした。首のヘルニアで、左手に冷えとシビレがあり、大学病院での手術を勧められているとのことでした。
頸椎の手術はリスクも高いので、それ以外に治す方法はないかといろいろと探されていたご様子でした。
まずはSさんの後姿を見て驚きました。身体が腰から大きく「くの字」に曲がっています。あまりにも見事な歪み方なので(失礼!)、チラシに何度も載せさせていただいたほどです。
施術は週に2回からスタートしました。
身体のゆがみが大きいのでそのくらいの頻度が必要かなと考えました。
2週目頃から仰向けやうつ伏せが少し楽になりました。
1か月後には左手が暖かく感じ始め、2か月後にはほとんどシビレは無くなっていました。
3ヶ月目に写した後姿の写真を見ると、かなり姿勢が良くなっており、またまた驚きました。
『人間の身体は生活習慣によって歪み、それが不調の原因となる。そして、歪みを治せば、不調は消える!』というしんそう療方の理念を心から実感できました。
ところでSさんが当院に来ようと決めた一番の理由は「何か所かの整体に電話してみたが、あなたの応対が一番親切で感じが良かった!」とのこと。天にも昇る嬉しさでした。
Sさんのご趣味は自動車。現在まで27台の自動車を所有されてきたとのこと。18才から乗り始めたとして、現在63才ですから45年間。なんと1年半ごとに買い替えていた計算になります!
5月の半ばに27代目となる四輪駆動でターボの新車の軽自動車が納入されたとのことでした。
Sさん曰く「もしも、あと1台購入する日が来るとしたら、オープンカーに乗ってみたい。」とのこと…。
自動車の話になるとイキイキと目を輝かせておられるSさん、現在は人口透析専門の病院で、患者さんの送迎のお仕事をされています。どこまでも自動車に縁のあるSさんですが、いつまでもお元気でおられることを願うばかりです。
スポンサーサイト

FC2Ad