しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんそうタイムス8月号

2016年8月21日(日)晴れ

7月も終わりになりますね。関東甲信地方は昨年よりも18日遅れの梅雨明けとなりました。今年は例年よりもかなり猛暑になるとのことなので、気をつけたいですね。つい先日のことですが、ポスティングから帰宅したら、頭がフラフラして寝込んでしまいました。熱中症で亡くなる方がよくニュースになりますが他人事ではないなと怖くなりました。テレビや新聞では連日のように相模原市の障害者施設で起こった元職員男性による19人刺殺事件が報道されています。今までに例のない大量殺人で、人間の心の闇の恐ろしさをまざまざと見せつけられた思いです。被害者の方々のご冥福を祈るばかりです。
今月の症例報告
今回の症例は大和市にお住いのKさん(52才、男性)です。Kさんが初めてご来院されたのは2015年9月のことでした。その年の1月頃から腰痛になり、3日前からひどくなられたとのことでした。後姿を拝見すると、肩は右下がり骨盤は左下がりでした。両膝がとても硬くて曲がり難かったです。今まで多くの腰痛の方を見てきましたが、膝を曲げると腰に負担感があったり、もしくはKさんのように曲がり難かったりと、腰と膝は密接な関係にあるのを実感しています。初回の施術後、両股関節に重だるさを感じ、腰痛が少し強くなったとのこと。3日目になるとスッと楽になったそうです。週1回の施術で3回目には靴下を自分で履けるようになられました。1か月後には隔週の施術、3ヶ月後には月に1度のメンテナンス調整になりました。理想的な改善のペースでした。
Kさんは自営でペンキ屋さんをされているとのことでした。数人の職人さんを使ってご活躍されているご様子。私も以前にペンキ屋さんをしていたことがあるので、いろいろと話が弾みました。私は半人前で終わりましたが、ペンキを塗り終わり綺麗に仕上がった家を見ると気持ちの良い達成感があったものです。残念ながら私は不器用で几帳面さにかけるのでペンキ屋さんは断念しました。
人間は自分に合った仕事につくことが一番の幸せですね。自分にできることで世の中の役に立つ。
Kさんとお話をしているとつくづく思います。ペンキ屋さんの親方としんそう療方師の私。おたがいに胸を張って仕事のお話ができることに無上の喜びを感じます。最後に、私が今勉強中の「姿勢の教科書」という本から身体を歪ませる具体的な要因を列挙してみます。
① 畳に座る時に横座りを左にするか右にするか?
② 寝る時に身体の右を下にするか左を下にするか?
③ 椅子に座った時にどちらの脚を組むか?
④ 仕事の窓口でお客様の左側から応対するか右側から応対するか?
⑤ 椅子から立ち上がる時に右足と左足のどちらに体重をかけるか?
⑥ 立っているときに左右どちらの脚を前に出して休むか?
⑦ ショルダーバッグを左右どちらの肩にかけるか?
⑧ かばんを持って歩くときに、かばんを持った側の手は反対側の手と同じように振れているか?
⑨ 机の蛍光灯は左にあったか、右にあったか?
⑩ 食卓の自分の席とテレビの位置関係はどうだったか? 
⑪ 髪の毛をどちらに分けていたか?… こんなことまで関係あるんですね。(笑)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。