しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

2016年12月しんそうタイムズ

2016年11月30日(水)曇り

今年もいよいよあと一月となりました。歳をとるにつれて月日の経つのが早くなると言いますが、本当ですね。今年は54年振りという11月の積雪があり、これからが少し心配です。私が現在54才なのでなんだか感無量な気持ちです。また11月14日には妻の母が85才で亡くなりました。その節は3日間のお休みをいただくこととなってしまいましたが、ご予約の変更を快く受け入れてくださった多くのお客様には心よりの感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。
今月の症例報告
今回の症例は横浜市にお住いのYさん(73才、女性)です。Yさんが初めてご来院されたのは2010年の3月のことでした。坐骨神経痛がひどくてお困りとのことでした。Yさんはいわゆる「反り腰」という状態。簡単に説明すると「猫背の反対の状態で、身体全体が後方に反り返り、顔が空を見上げているような姿勢。」です。こういう姿勢だと背骨にかなり強いストレスが加わります。基本的には女性に多いとされており、チェックする方法としては壁に背中をピタッとつけて立った時に壁と腰の間に空間ができたり、仰向けで寝た時に腰が浮いてしまうという場合は、反り腰かもしれません。
Yさんは週に1度の施術からスタートしました。3ヶ月程すると坐骨神経痛もかなり緩和されてきました。久しぶりに会った息子さんから姿勢があまりにも良くなったと驚かれたという嬉しい報告も受けました。
通常は症状が緩和されれば、施術の間隔を徐々に開けていくのですが、ご本人のご希望もあり、現在も週に1度ご来院されております。Yさんとのお付き合いはもう6年になりますが、その間にはYさんには本当にいろいろなことがありました。Yさんはもうかなり以前よりご病気をされており、定期的な通院や数度の手術などを継続されておりました。また数年前よりご主人の介護が始まり、本来は養生しなければならない身体でたいへんな無理をされてきました。施術のたびにいろいろなお話を伺うのですが、ほんとうに大変なのがひしひしと伝わってきました。しかしながらYさんはいつも笑顔を絶やすことなく淡々とされていました。
飲むべき薬は飲む。手術が必要ならする…。そういうことです。ご主人の介護もしかり。
しなくてもいい心配はせずに、今日を一生懸命に生きる。
そんなYさんにぴったりの言葉があるとすれば、それは「平常心」ではないでしょうか。
Yさんとの6年間で私が学ばせていただいた大切なことです。
残念なことに今年の1月にはご主人が他界されました。笑顔の素敵な方でした。
毎週のご来院は息子さんが送迎されます。長年海外で生活されていた息子さんでしたが、ご両親のために帰国されたとのことでした。
Yさん曰く「私は家族には本当に恵まれています。」
今年の夏頃、私の息子が一時期登校拒否になってしまった時は、Yさんも同じ体験をされたとのことで、本当に親身になって心配してくださりました。ほんとうにたくさんの思い出がいっぱいのYさんとのご縁がどうか長く続きますことを願ってやみません。そしていつも送迎してくださる息子さんのTさんには心からの感謝をしたいと思います。
スポンサーサイト

長女に施術

2016年11月10日(木)晴れ

我が家の長女は現在20才。都内の美術大学に通っています。通学に2時間半ほどかかるので

毎日疲れている様子。また、帰宅してもほとんどの時間をパソコンで絵を描いて過ごしています。

肩こりがひどくて、時々体調を崩すことがあります。

今日は午後から大学に行くということだったので、私の仕事の合間に施術をしました。

長女は身体が左に傾く癖があり、このことが不調の大きな原因になっていると思いました。

また一日中絵を描いているせいか、右肩の動きに硬さがあるのを感じました。

これからも時間が合えば、長女の身体の調整をしてあげたいと思います。



ホームページはこちら

神奈川県大和市。座間市。綾瀬市。海老名市。藤沢市。厚木市。
横浜市。町田市。肩こり。腰痛。手足のしびれ。ヘルニア。
整体。痛くない。無痛。身体のゆがみ。しんそう療方。

母に施術

2016年11月8日(火)曇り

今日は本当に久しぶりに母に施術をしました。

母は私が小学校の時の運動会でPTA参加の二人三脚で転倒、

左肩を脱臼しました。今からもう45年程前の話です。

それが今も痛むのです。

施術前の検査では左腕が伸びません。でも調整すると伸びるようになり、

痛みも和らぐ。

できれば一週間に一度は施術したいです。

あとは母の不満や愚痴を聞いてあげる。

「そうだよね。大変だね。」と。

解決策など必要ありません。ただただ同意して、理解する。

私の唯一の親孝行です。
 
ホームページはこちら。

どうしたらご主人を…。

2016年11月5日(土)晴れ

本日、ご来院されたWさん(29才、女性)は首、肩、腰の重だるさと不眠にお困りでした。

また7年間、抗鬱剤も飲まれているということでした。ご来院されて1年になりますが、身体の重だるさはかなり改善されてきたとのことでした。何よりも、「友人から笑顔が増えたね!」と褒められたとのことで、嬉しい限りです。さて、そんなWさん「実は主人も身体がすごくゆがんでいて、肩甲骨の位置が左右で全然違うんです。」とのこと。

Wさんのご主人は大の病院嫌いで、風邪をひいてもなかなか病院にいかなくて困っているとのことでした。

Wさん「主人もしんそうを受けてもらいたいんですけど、どうしたらよいですか?」

これは難しい問題です。こういう質問を時々受けますが、男は奥さんに言われるとよけい意地をはってしまうんですよね。私もそうです。だから、ご主人がその気になるまで待ちましょう。これしかありません。(笑)

ホームページはこちら。

立飲み屋さんから

2016年11月4日(金)晴れ

本日の午後6時頃に、もう5年来の常連様であるAさん(57才、男性)から

お電話がありました。「会社からかな?」と思いながら、

私「こんばんは。どうされましたか?」

Aさん「実は今行きつけの立飲み屋さんで飲んでるんですけど、ある人を紹介したくて…。」

Aさんからのお話によると、立飲み屋さんで知り合った男性が坐骨神経痛で、足を引きずって歩いているいるとのことでした。

飲んでいる時にも当院を思い出してくださり、この上ない感謝です。

そのお客様は来週の火曜日にご来院されます。

お役にたてるように頑張ります。

私も立飲み屋さんに行きたいな。

ホームページはこちら

褒め上手なお客様

2016年11月2日(水)曇り

本日、ご来院されたHさん(60才、男性)は長年腰痛にお困りでした。

Hさんは歯医者さんをされながら少林寺拳法の道院長としても活躍されている

私の同志でもあります。

Hさんはとにかく前向きで明るくて、私も施術日にお会いするのを楽しみにするほど

魅力的な方です。

Hさん「例年だと寒くなり始めるこのころに必ず腰痛になるけど、今年はないんですよ。」

と嬉しいお言葉をいただきました。

施術後には「あ~、気持ちよかった。頭がぼ~っとしてきました。」

そして、私の拙いブログも毎回見ていただいているようで、

「素の自分が出ていてとてもいいですよ!」と褒めていただきました。

きっと、Hさんの道院に通っている拳士の方々もHさんに会いたくて通っているのだろうなと思いました。私もそうありたいです。
ホームページ

FC2Ad