しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

しんそうタイムズ2017年3月号

2017年2月28日(火)晴れ


街を歩くと梅の花や桜の花が目につきます。吹きすぎる風はまだまだ冷たく感じますが、春はもう目の前ですね。この時期になると日本に生まれてよかったなとつくつく感じる私です。古来より私たち日本人は自然と調和して生活してきました。人間も自然の一部。全体の流れの中で悠々とした生命を育んでいます。
新聞やテレビでは連日のように北朝鮮による暗殺事件が報道されています。それ以外にも心を痛めるようなニュースが余りにも多い世の中ですね。
太陽の日を浴びながら風にそよぐ梅や桜の花々を見て、心静かに時を過ごしてみませんか。
今月の症例報告
今回の症例は、座間市にお住いのMさん(62才、女性)です。Mさんが初めてご来院されたのは2011年11月のことでした。腰痛がひどくてお困りとのことでした。以前は介護のお仕事をされていましたが、それが原因で辞められたとのことでした。後姿を拝見すると骨盤は右下がりで肩は左下がり、そして特徴的だったのは、右の肩甲骨がかなり出っ張っていたことでした。肩の動きで見ると上に挙げにくい側の肩甲骨が大きく出っ張ってしまうことが多いようです。最初は週に1度のペースで施術をスタートさせました。初回施術後、首の左側と左肩甲骨に痛みがでました。好転反応です。約9か月間継続しました。少し長くかかりましたが、「背骨でしっかりと身体を支えている実感があり、歩いたり炊事をするのが楽になりました。」とMさん。そこで施術を隔週に減らして約1年。そしてようやく月に1度のメンテナンス調整にはいりました。かなり時間はかかりましたが、Mさん曰く「接骨院や整体にずいぶん通いましたが、いっこうに良くならずに、こんなもんなのかなと諦めていました。」という状況から抜け出して、充実した日々を送られていることを共に喜び合いました。
ところが、2016年6月に大変なご病気が発覚。手術をされるということで、施術は中断となりました。
「またお会いできるかな?」と正直心配しておりましたが、4か月後にまたご来院くださり、現在は隔週の施術を継続中です。「身体を整えていただくと、とにかく体調が良いんです。」とMさん。
Mさんのお人柄は、とにかく穏やかで、例えて言うならば「春の海」でしょうか。波のない水面に日光がきらきらと乱反射して、世間の雑事をしばし忘れる…。そんな感じです。現在はご主人のお父様と同居されて、忙しい日々を送られていますが、大変なことも多い中、お話の最後はおだやかな笑い声に変わります。
「ここに来て身体だけでなく、心まで整えていただき、本当に嬉しいです。」と最大級のお褒めの言葉をいただき、しんそう療方を仕事にできて良かったと心から感謝する私です。
「時々は近くのファミレスで290円のランチをしてリフレッシュしているんですよ。」とMさん。
「え~、それだけ頑張っているんだからもう少し高いメニューでもいいんじゃないですか?」と私。
ここで大爆笑です。
私の大好きな作家の田辺聖子さんが仰っていました。
「楽しい会話は最高のご馳走である。」
本当にその通りだと思います。
笑うことで身体の免疫機能が上がるというのは良く言われますよね。
まだまだお薬による治療を継続中のMさんの健康の向上に、お役に立ちたいと切に願っております。


スポンサーサイト

ショートカットの決意

2017年2月15日(水)晴れ

今日は日差しも強くて春の訪れを感じました。
さて、本日ご来院くださったWさん(29才、女性)は
初めてのご来院から1年になられます。
7年間、鬱病と不眠、背中と首の痛みにお困りでした。
現在は身体の痛みはほとんど無く、不眠に関しても
以前の半分の量の睡眠薬で済んでいるとのことでした。
根気よく施術を継続して、将来的にはお薬を止められるようになりましょうねとお話しました。
現在、3週に1度の施術でしたが、次回からは一月に1度になりました。
本日のWさんは髪をばっさりと切られて、印象がずいぶん違いました。
「少しボーイッシュにしてみました。」とWさん。
初めての時は不眠によるせいか、ぼーっとした精気のない表情でしたが、
現在はとてもエネルギッシュです。
身体も健康になり、前向きな気持ちになられたとしたら嬉しいです。
今日もビールが美味しかったです。

嬉しい驚き

2017年2月7日(火)晴れ

今年の2月は例年よりも穏やかなお天気の日が多いように思えます。
嬉しいことですね。
昨日、ご来院されたYさん(80才、女性)は1月の終わりころに
転倒して左脇腹を強打しました。
寝たり起きたりができない状態とのこと。
4年前に脊柱間狭窄症の石灰症と診断され手術をされたとのことでした。
初めてご来院されたのが2月2日でした。
最初は横になるのがまず大変でした。
そして施術後、立ち上がることができません。
まずは仰向けのYさんの両手を引いて、座った状態にして、
そのあと、Yさんの後方より、Yさんの両脇に私の両手を差込んで
立っていただくお手伝いをしました。
かなりの重症です。
そんなことが2度ほど続きました。
そして初回から4日後の昨日。
施術後にYさんが仰いました。
「今日は自分で立てそうです。」
そして、少し大変そうでしたが、本当にご自分で立ち上がりました。
驚きました。
私の施術がどこまでお役にたてたのかはわかりません。
でも、天にも昇る気持ちでした。
私の天職はやはり、しんそう療方しかない。
Yさんとともに喜びを分かち合いました。
感謝です。

外泊許可をもらって…

2017年2月6日(月)晴れ

昨日、ご来院されたYさん(81才、女性)はもう3年来のお客様です。
このところ2ヶ月ばかりご連絡がないなと思っていたら、
現在、とある大学病院に入院中とのことでした。
以前からある大変なご病気の治療中とのことで、この土日は
初めての外泊の許可をいただき、帰宅中とのこと。
もしも施術が可能ならお願いしたいとのお電話をいただき、
午後3時に久しぶりにYさんにお会いできました。
「病院を抜け出してきたわよ~」
と以前と変わらぬ素敵な笑顔でした。
「両足が重くてだるいのよ。なんとかしてね!」
ということで施術開始です。
約40分後、Yさん曰く。
「身体中に血が通ってるわ!」
帰るときは先ほどとは見違えるほど軽い足取りでした。
治療がうまく行けば、今月の半ばには退院できるとのことでした。
「また病院を抜けてきたらお願いね!」
Yさんはいたずらっぽく笑って帰られました。
感謝です。

FC2Ad