しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「げ・げ・げの女房」に我思う。

2010年7月16日(金)晴れ

おはようございます。
今日は焼けつくような太陽が燦々と照っております。
こんな日に子供を連れて、海に行ったら楽しいだろうな…、
ところで…。
私はいま、毎回ではないのですが、NHKの朝の連続ドラマ
「げ・げ・げの女房」を見ています。
まんが家の水木しげるさんのお話ですが、
やはり、どんな人でも自分の道を歩み始めた当初は
ほ~んとに大変なんだなと思いました。
でも、貧乏にも負けずに明るく振る舞う奥さんのおかげもあって、
そろそろ芽がでそうな雰囲気です。
やはり、男は成功するしないに関わらず、
自分の信じる道をひたすらに邁進するしかないのですね。
不器用な生き方でも良い…。
そして、明るい奥さんがそれを支える…。
私のところもそうだな~と思いました。
私も「しんそう療方」と「少林寺拳法」の道場を立ち上げ、頑張ってきましたが、
まだまだ、山あり谷ありです。
でも、自分の大好きなことを仕事にしているという点で
水木しげるさんと一緒です。
水木さんがまんがを書くときのあの集中力…。
見習いたいなと思いました。
そして、妻を大切にしなきゃなとも思いました。
それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/114-c5c426b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。