しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八朔の雪(はっさくのゆき)」読みました。

2010年7月31日(土)曇り

今日は曇っていますが、じっとりと汗ばむような天候です。
一日に何回もシャワーを浴びるようです。
ところで…。
昨日、おとといと私は暇を見つけては読書に励んでいました。
高田郁(かおる)さんの「八朔の雪」という本で、とても面白かったです。
きっかけは、私が携帯ラジオを聞きながら、ポスティングをしていた時、
その時聴いていた番組のパーソナリティーの方が激賞していたことでした。
江戸時代の話で、主人公は19歳の澪という女性です。
天災で両親を失い、縁あって大阪の一流の料理店で奉公をはじめますが、
様々な困難に負けずに料理人として精進していきます。
澪のまわりの人々との人情味溢れるやりとりが、なんとも
心温めてくれます。
ひたすらに料理に打ち込む澪に、とても勇気づけられました。
今日、時間が空いたら、本屋さんに高田郁さんの本を探しに行く予定です。
「仕事の成否は人間の器がきめる!」
ある登場人物の言葉が心に深く沁みました。
興味ある方は、ぜひ読んでみてください。
それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/121-12ec26bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。