しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏頂面の店員さん

2008年6月26日(木)雨

今日は季節がぐっと後戻りしたように寒い一日となりました。
寒暖の差が大きいので、体調を崩している人も多いようです。
先日、私は大和駅前のY店に行ってきました。
画材や手芸の材料などが豊富な有名店です。
私は仕事で使用する予約券などを手作りしているので、よくY店に行きます。
私は面倒くさがりのわりには、手作り感のあるものが好きみたいなんです。
探していたものが、なかなか見つからなかったので、
向こうから足早に歩いてきた店員さんに声をかけました。
歩きながら、いろいろと訪ねる私…。
でも、なんとなく反応が変なんです。
早く用をすまして帰りたい…。そんなオーラがいっぱい出ていました。
「あとは自分で探します。ありがとうございました。」
私がそういうと、仏頂面の店員さんはそそくさとどこかへ
いってしまいました。
昔の私だったら、「あの野郎、気分わり~ぜ!」と
思ったかもしれませんが、その時の私が感じたのはちょっとした脱力感でした。
あの店員さんは、デートの約束で急いでいたのかもしれないな~。
でも、いずれにせよ仕事がそんなに楽しくはないんだろうなと思いました。
「和顔愛語(わげんあいご)」という言葉があります。
仏教の教えの一つだそうです。
詳しいことはよく知りませんが、
「笑顔と優しい言葉が、他人を幸福にするんだよ…。(もっと深い意味があるとは思いますが…)」
ということだと思います。
誰にでもできるはずだけど、実は本当に難しいことです。
私自身、子供たちに(とくに最近ちょっと反抗期ぎみの娘に)、笑顔で接していませんでした。
「そうか~。俺、ここのところ、ずっと仏頂面の父親だった!」
今頃気づいた私。
今夜から優しいパパになります。
それでは。


スポンサーサイト

コメント

ふっと 思ったんですけど 笑顔って他の動物には、あるんですかね?いずれにしても 笑う門には福来る(明るい家庭には、幸せが来るものだ)だそうです!

  • 2008/07/02(水) 23:20:58 |
  • URL |
  • す~さん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/19-2e975da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。