しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての筆談。

2012年3月11日(日)晴れ

皆さん、こんにちは。今日は久しぶりの晴天となりました。妻はたまってしまった洗濯物と格闘しています。
そして、何よりも今日は昨年おきた東日本大震災から、ちょうど1年…。
テレビや新聞では震災後の日本についての特番がぎっしりです。
改めて、被害の大きさを実感するとともに、まだ全く未解決の原発事故の現状には、身がすくむ思いでした。
もう一度、大きな地震が来て、使用済み核燃料の貯蔵プールが壊れてしまったら、日本は終わる…。
でも、そのための対策は遅々として進んでいない…。
私は今の日本の危機的な状況と政治とが、うまくかみ合っていない恐ろしさを感じています。
といっても政治にはまったく無知な私ですけど…。
まずは、震災の犠牲者の方のご冥福をお祈りしたいと思います。
さて、今日の本題です。
今日の午前中に初めてご来院くださった男性は耳がご不自由な方でした。
長年、柔道をされているということで、かなりがっちりした体格の方でした。
私もがっちりしている方ですが、二回りくらい大きかったです。
しばらく筆談にて武道談義に話がはずみました。
筆談とゼスチャーと顔の表情だけによる会話はなんだかとても新鮮でした。
施術を始めると、身体のあちこちに、かなり動きの制限があることに気がつきました。
全身、怪我だらけということ。
次回の予約はメールでということで、帰られましたが、
とても温和な方で、本当に強い人はこうなんだなと納得しました。
私も見習いたいなと思いました。
それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/200-338068cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。