しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

しんそうタイムス2月号

2015年1月31日(土)晴れ

1月も終わりに近づいた30日(金)、夜更けからかなり雪が降りました。幸いにも昼過ぎから雨に変わり、ホッと胸をなでおろしました。昨年の2月には何十年ぶりかという程の大雪が2度も降りましたが、今年はどうなるのでしょうか?まあ、お天気は人智の及ぶものではないので、心配してもしようがありませんが…。ここ1週間程、テレビではイスラム国の人質となった後藤さん関連のニュースでもちきりです。文化も宗教も大きく違う遥か異国のことで、なかなか実感がありませんが、国内も海外も悲惨なニュースが多いなと思う今日この頃です。「和顔愛語」という言葉がありますが、他人に笑顔で優しい言葉をかけられる人間でありたいなと思います。
今月の症例報告
今月の症例は横浜市戸塚区在住のSさん(53才、男性)です。
Sさんは私の幼なじみの女性H子さんのご主人です。
私とH子さんとは家も近く、幼稚園から高校まで一緒でした。昨年の2月に中学校の同窓会があり、30年ぶりに再会しました。そんなご縁でSさんは昨年の3月からご来院されております。
すらっと細身で物腰の柔らかいSさんですが、実はかなりのスポーツマンです。春、夏、秋は登山。冬はマラソンというSさんは右太腿とふくらはぎに強い張りがあり、加えて足裏に痛みが出るということでお困りでした。登山やマラソンの途中で症状が出てしまうとかなり大変とのこと…。後を向いていただくとかなり右肩が下がっていました。Sさんはかなりハードな運動をされるので、身体のバランスが崩れた状態だと、かなりの負担増になるのかなと思いました。当院まで自動車で1時間程かかるとのことでしたので、2週間に1度のペースで始めました。
2か月程たった頃から右足の張りがあまり出なくなり、5ケ月後には日常生活の中ではほぼ症状が出なくなったとのことなので、月に一度のメンテナンス調整に切り替えました。
現在はかなり体調が良いとのことで、今年の1月から3月までに5つのマラソン大会に参加されるとのことです。フルマラソンも1回走られるとのこと。凄いですね!
Sさん曰く、『走り終わった時にお尻や太腿が筋肉痛になった時は走り方が良く、ふくらはぎが痛んだ時は走り方が悪かった』と判断されるそうです。
つまりお尻や太腿などの大きな筋肉を使って走るのが理想とのことでした。
以前読んだ本に『スポーツマンが怪我をするのは太腿が多く、素人がたまに走って怪我をするのはふくらはぎが多い』とありましたが、なるほどそういうことなんですね。
Sさんがこれからもお仕事、プライベート共に充実した生活を送ってくださることを願っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/271-6a07c074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad