しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

しんそうタイムズ2015年4月号

2015年3月31日(火)晴れ

街を歩くと、あちらこちらで桜の花が満開です。日本人の心象風景の最たるものが桜の花でしょう。華やかな中にもそこはかとない風情が胸を打ちます。風にそよぐと花びらが舞い散ります。太古の昔より、日本人は桜を大切にしてきましたね。なんと美しく、なんと儚いのでしょう。
生活の雑事をしばし忘れて見惚れてしまいました。
今月の症例報告
今月の症例は、座間市にお住いのTさん(85才、女性)です。Tさんが初めてご来院されたのは2009年8月のことでした。左膝の軟骨がすりへっていて、かなり痛むとのことでした。また、当時から杖をご使用されていましたが、腰に力が入らずに頻繁に転倒してしまうとも仰っていました。そこで、しんそう療方の施術とゴムチューブを使用した軽いトレーニングを継続することにしました。高齢による歩行困難の大きな原因として、太腿の前の部分の筋肉(大腿四頭筋)の衰えがよく指摘されます。Tさんの場合は膝に負担を掛けないように仰向けの状態でゴムチューブトレーニングを行いました。以来6年間、現在でも週に1度の施術とトレーニングを継続しています。現在は転倒することはほとんど無いとのことです。
ところで、Tさんは現在も運送会社の役員として、週に5日、出勤されております。Tさんはご主人と共に運送会社を始められ、神奈川県に2か所の営業所を構え、毎日100台のトラックが稼働しているということでした。凄いですね!残念ながらご主人は2011年に他界され、現在は息子さんが社長として頑張っておられます。
Tさんは折に触れて、若いころのお話を聞かせてくださいます。ご主人がトラック1台で運転手を始め、会社を興し、大きくするまでのお話を。ご主人はとにかく破天荒な方っだったようで、びっくりするようなお話も多々ありました。でも情に厚く、面倒見の良い方だったとのことでした。
戦後の混乱期に裸一貫で勝負してきた日本男児!(私もそうなりたいです!)
Tさんは大変なご苦労をされてきたはずですが、いつも自嘲気味に、そしてユーモラスに話されるれるので、なんとも楽しい物語を聞いている気持ちになります。人との接し方、お金との付き合い方等々、勉強になることばかりです。
Tさんを見ていて思うことは、「何かを成し遂げた人はきっとこんな感じなんだろうな。」ということです。どんな苦労も振り返ってみれば、楽しく笑って話せる思い出になるのではないでしょうか。それも、やはり『成し遂げたから』ではないでしょうか。 
Tさんとお話をしていると、自分の悩みがちっぽけに思えてくるから不思議です。
私の子供たちのことも、本当の孫のように可愛がっていただき、感謝、感謝です。
これからも末永くご縁が続きますことを願ってやみません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/280-0e6f8232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad