しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんそうタイムス2016年2月号

2016年1月31日(日)晴れ

お正月が終わったと思ったら、あっという間に1月が終わりました。「1月は行く、2月は逃げる、三月は去る。」とよく言われますが、本当にそのとおりですね。私事ですが1月はまずは長女の成人式がありました。きちんとお化粧をして着物を着た長女はとても大人に見えました。「あまり大したことをしてあげられないうちに大人になってしまったな~」と思いました。涙が一粒こぼれそうなりましたが、かろうじて耐えました(笑)。そして、もう一つは私の少林寺拳法の元門下生の男性の結婚式にて演武を披露しました。式の最初に新郎が入場、続いて父親に手を引かれて新婦が入場…。不覚にもこの時点で号泣でした。娘を持つ父親は皆そうなのでしょうね。感動しました。
今月の症例報告
今回の症例は大和市にお住いのWさん(65才、女性)です。Wさんは2007年4月にご来院されました。
症状は「首、背中、両手にシビレがあり、左手の指の感覚が無い。また、左足が動かないために歩くのが困難。」とのことでした。お医者様からは脊椎の一部が潰れていると診断されたとのことでした。後姿を拝見すると右肩がかなり下がっていました。両足のむくみもかなりありました。最初は週に2回の施術でスタートして、4か月後から週1度に。現在は月に1度のメンテナンス調整を継続していただいております。もう9年間もご愛用いただき感謝です!
Wさんはご主人が大工さんをされており、若い頃は一緒に手伝ったりもされたそうです。現在は早朝のパートで頑張っておられます。施術中はご主人やお仕事、2人の息子さんのことなど、お話に花が咲きます。Wさんからは若い頃からの様々な苦労話もお聞きしますが、最後には必ず笑いになります。「こんなことぐらいで負けていられないわよ!」とWさん。日本の典型的な肝っ玉母さんです。
Wさんのお話で今でも忘れられないのは、次のようなものです。
「ご主人のお仕事が不定期で大変だった時、
不自由な左足をかばいながら自転車を押して買い物に向かう道すがら、
とある森に差し掛かかりました…。
突然、どこからともなくウグイスの鳴き声が…。「ホ~、ホケキョ!」
動物大好きなWさんはすかさず鳴き返しました。「ホ~、ホケキョ!」
すると、ウグイスが鳴き返してきたので、
しばしウグイスとのやりとりを楽しんだ。」
というものです。なんだか童話みたいなお話ですが、
私は、大変な状況の中でウグイスとのやりとりを楽しんだWさんに
「心の豊かさ」という幸福の原点を見たような感動を覚えました。
2人の息子さんもご来院くださっておりますが、「この母にして、この息子あり。」
素直で真っ直ぐな日本男児であります。
これからもWさんとのご縁の中で、
学ばせていただきたいなと感じる今日この頃です。
ちなみにWさんは我が家以上に猫ちゃん大好きです。自宅に1匹と野良ちゃん数匹の面倒をみておられます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/308-147482a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。