しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活元運動

2017年3月24日(金)晴れ

街を歩くとあちらこちらで桜の花が咲いています。
同じ春に咲く花でも梅は愛らしく、桜は儚い…。
両方ともこの上なく綺麗ですが、私の中では受ける印象が違います。
きっと命そのものが持つ二面性なのでしょうか?
大宇宙の生命力と、それが永遠ではないことを
私の魂が感じています。
本日、ご来院されたOさん(84才、男性)はここ数カ月は
体調が良かったので月に一度のメンテナンス調整を継続されていましたが、
先月から月に2回の施術になりました。
やはり、年齢と共に衰えは確実にやってきます。
Oさんは若い頃に整体師を目指して勉強をされていたこともあり、
いろいろなことをご存じです。
本日も施術中に、
「先生、今あくびがでました。これは活元運動といって生命活動が活発になっている証拠なんですよ。」
とお話されました。
施術後は
「今、顔がほてっています。全身を血液が走り回っています!」
と喜んでくださりました。
「先日、お医者さんに行きましたが、痛み止めの薬と湿布薬は断りました。
星先生の施術と自分の身体の力で治してみたいです。」
とのお言葉。
64才で亡くなった私の父が生きていればOさんと同じ年齢です。
父の励ましの言葉としてありがたく頂戴しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/345-8acc4905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。