しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

人生の勉強

2017年3月31日(金)雨

本日は横浜市から、Yさん(74才、女性)がご来院されました。

いつものように息子さんが送迎です。

もう7年来のお客様です。

Yさんは15年前からあるご病気の治療をされていますが、

4月の後半に1週間の入院治療を受けることになられたとのこと。

Yさん「もう何度も同じことを繰り返しているので心配はしていません。

でも、毎回入院の前に、2人の息子たちに遺書を書くのよ。」とお話されました。

その遺書は無事退院するたびに捨てていたそうです。

印鑑や通帳などの場所、葬儀の手順、感謝の気持ちなどを

そのたびに書かれるのだそうです。

昨年、ご主人を亡くされたYさんは「もういつ死んでも悔いはないのよ。」と

ことあるごとに言われます。

ただ、ご主人の3回忌までは頑張りたいとのことでした。

とても重たいお話なのですが、Yさんは明るく淡々と話されるので、

なんだか楽しいお話を聞いているような錯覚をおこします。

Yさんが私にそのようなお話をしてくださるのは、

私に心を開いてくださるからだと思うと、

ありがたさに胸がいっぱいになります。

そして、人生の師匠のお話としてありがたく

お話を拝聴できる幸せを感じています。

武道家でも宗教家でも教育者でもない74才の女性が

私の魂の師であります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/347-6c14c63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad