しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

トランペットの音大好き。

2008年9月7日(日)晴れ

昨日は父の13回忌で、母と兄弟3人とその家族が全員集まりました。
その中で姪のMちゃん(中学1年生の女の子)が、今年から
ブラスバンド部にはいったとのことで、トランペットを持ってきて
吹いてくれました。
「いいな~」
私自身、若い頃はミュージシャン志望で、アルトサックスをやっていたので
生の管楽器の音に久し振りに感動しました。
テクニックはまだまだですが、
「うち、トランペットの音大好き!」(最近の若い子は自分のことを「うち」というらしい。)
目をきらきらさせて語るMちゃんにとても好感をもちました。
待てよ!
私だってそうなんです。
しんそう方が大好きで、少林寺拳法が大好きで、
どちらも自分で立ち上げました。
もちろん、多くの方々の助けがありました。
でも、ややもすると、生活に押し流されて
初心を忘れがちになっていたかもしれません。
「自分の好きな道を歩もうよ!」
これ以上の幸福ってないですよね。
アントニオ猪木さんが、引退の時に語った言葉をご紹介します。
「この道を行けばどうなることか。
 危ぶむなかれ。
 危ぶめば道はなし。
 踏み出せば、その一足が道となる。
迷わず行けよ。
 行けばわかるさ!」
今日はこのへんで。それでは!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/35-96d7e1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad