しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

新たなる師匠

2017年5月28日(日)晴れ

本日ご来院されたWさん(68才、女性)は腰痛と左足のシビレにお困りでした。

週2回の施術を始めて1ヶ月程になります。以前は家事がまったくできなかったWさんですが、このところ、少しずつできるようになられたとのこと。根気よく続けていただきたいです。

ご来院の際にはいつもご主人が自動車で送迎されます。

今日も施術後の会話でご主人の話題になりました。

Wさんとは同級生だったというご主人はご自分で町工場を経営されています。

やはり経営には幾多のご苦労があり、先代社長の莫大な借金を背負われて

大変なご苦労の末、今日に至っておられるとのことでした。

ご主人はいつも朗らかな笑顔の方で、

そのような苦労は微塵も感じられません。

「俺は偉いんだぞ。」と肩で風切って歩いている人も

多い世の中ですが、このような方こそ

リスペクト(尊敬)です。

「漢(おとこ)ありき。」

また新たなる師匠と出会うことができました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/358-9fe34419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad