しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

昇段試験に付き添いました。

2009年6月28日(日)雨

今日は私の少林寺拳法の道場から2人の中学生が
初段の試験に挑戦して、無事に合格しました。
小学校1年生で入門し、中学1年生で初段ですから
7年間頑張ったわけです。
大したもんです。
私はけっこういい加減ですが、
門下生はまじめな人が多いようです。
指導しているようで、実際には私が学んでいるのかもしれません。
道院長という役割を与えられたことに、心から感謝しています。
昨日、マイケル・ジャクソンさんが亡くなられ、大ニュースになっていますが、
私は彼が幸福だったかどうかは、わかりません。
しかし、彼は天から与えられた世紀のエンタティナーという役割を見事に
全うしたのだと思います。
私の役割は、しんそう療方師として
人々の健康のお役に立ちながら
少林寺拳法の指導を通じて青少年育成に尽くすこと。
この役割。
なんとか全うしたいと心から思いました。
それが私にとっての幸福なのでしょう。
今日はここまで。
いつも読んで頂きありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/73-d287ce13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad