しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

初めてのカブト虫

2009年7月10日(金)曇り

こんにちは。
昨日の夕方の妻との会話です。
妻。「R太郎が、今夜パパとカブトムシを捕りに行くって張り切ってたわよ。」
R太郎とは小学4年生の息子です。
私。「えっ、今夜?」
よくよく思い返してみると、一昨日に
「今年の夏こそ、カブトムシを捕まえようね。」と話したのを思い出しました。
妻。「学校から帰ってすぐに、餌を仕掛けてきたらしいわよ。」
さすが。
子供って、好きなことには行動が早いですね。
普段、仕事と道場で忙しくて、あまり遊んであげられない私としては
いいチャンスです。
100円ショップで懐中電気と虫取り網を購入して、
息子の帰りを待ちました。
息子曰く。「暗くなってからのほうが良い。」というので、
晩御飯を済ませました。
私はエネルギー源であるビールを十分に補給し、9時…。
「さあ、出発!」
歩いて10分ほどのところにある泉の森へ…。
真っ暗な森の中はけっこう不気味です。
(途中には墓地もあります。)
すずめバチが怖いので、帽子に厚手のジャンパーです。
息子が餌を仕掛けた木には、何もいませんでした。
近くにクヌギの木があったので、見てみると、
かわいいコクワガタがいました。
息子は「やった~。」とはしゃいでいます。
私が何気なく木の裏に回ると、
なんと、そこには大きなオスのカブトムシが!
「R太郎。ここにいるよ!」
息子は瞳を輝かせながら、
生まれてはじめて、木にいるカブトムシを、自分の手で捕まえたのでした。
帰りがけに「おばあちゃんにもみせてあげよう!」と
実家によると、「よかったね!」とお小遣いに1000円もらったR太郎。
最高の夜になりました。
普通の家庭ではよくある光景だと思いますが、
私とR太郎にとっては一生の記念日になるかもしれません。
もっと遊んであげよう!と
心から思いました。
今日はこんな感じで。
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/74-953f31f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad