しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

娘の鼻歌

2009年7月29日(水)雨

ここ関東地方では、梅雨明けした直後から、雨の多い天気となりました。
こういうのを戻り梅雨というのでしょうか?
さて、中2の長女ですが、最近部屋にはいると、
甘い香りがしてきます。
もう、おしゃれしたい年頃なんだな~と、
父親としてはちょっと複雑な気持ちです。
私は仕事と道場でいつも忙しく、
家族を旅行に連れて行ったり、  
楽しませてあげることを、
ほとんどしてこなかったんです。
このままでは、娘に何もしてあげられないうちに、
大人になってしまうという危機感が…。
最近では、娘との会話も少なく、
妻にいわせれば、
「今はそういう年頃だから、しょうがないのよ!」
ということでしょうか。
ある夜中のこと、
トイレに行きたくなり、目をさますと
どこからか歌声が…。
娘の部屋のほうから聴こえてきます。
とても楽しげで、ノリノリの歌です。
普段は愛想のない娘が、こんなに生き生きと歌をうたうんだ…。
ちょっと感動しました。
娘は娘なりにストレスがあるんだなと思いました。
その原因は私かもしれません。
まずは、CDプレイヤーを買ってあげよう。
娘が曲に合わせて歌えるように。
今日はここまで。
それでは!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsobito.blog47.fc2.com/tb.php/78-13959cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad