しんそう大和上草柳  『トキの詩(うた)』

日々感じたこと、学んだことをつれづれなるままに綴ってみます。

春の味覚

2017年3月17日(金)晴れ

昨日は座間市よりHさん(89才、女性)がご来院されました。

Hさんは茶道の表千家の師範をされています。

腰痛で寝込みがちだったHさんも最近はとてもお元気になられました。

お料理がお好きで毎回、手作りのお料理を

ご持参されます。

今回は「ふきにとう味噌」を持ってきてくださりました。

何度もあく抜きをされたそうです。

ビールのおつまみにしてみたら、

ほんのりと苦みがあり、大変美味しかったです。

日本人に生まれて本当に良かったと心から思いました。

私は生まれて初めての経験だと思います。

「自分のできることで世の中のお役に立つ。」

いろいろと紆余曲折がありましたが、

日々、小さな幸せの積み重ねに感謝です。

時間よとまれ

2017年3月9日(木)晴れ

今日は久しぶりに母を夕食に呼びました。
母は私の自宅からは徒歩1分のところに
妹夫婦と同居しています。
1週間に1度位は夕食に呼びたいのですが
私もなかなか忙しくて約3ヶ月ぶりの夕食となりました。
母も人間ですから、話したい愚痴や不満がたくさん溜まっていて、
聞き役もけっこう大変です。
今日は食事の後に矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」のCDを
一緒に聞きました。
私が高校生、弟が中学生のころ。
私たち兄弟が母に一番迷惑をかけたころに
大ヒットした曲です。
母はCDに合わせて口ずさみながら、遠くを見つめる眼差しで
「本当に良い曲だね。」と言いました。
父が亡くなって約20年。
母が本当の意味で笑うことは少なくなりました。
でも、今夜は矢沢永吉さんの歌のお蔭で
一瞬だけ家族みんなが元気だった昔に
戻ることができた気がします。

禁煙後の煙草?

2017年3月1日(水)晴れ

本日は相模原市からHさん(60才、男性)がご来院されました。
歯科医をされながら、少林寺拳法の道院長をされている私の
同志であり、良き兄貴分でもあります。
長年、酷い腰痛にお困りでしたが、そのお悩みともさよならの時期は近づいているようです。
ここ半年ほど週に1度のペースで施術を継続されていましたが、
先週はご予定があり、お休みをされました。
今回の施術の終了後、Hさん曰く
「今日は最初から力強かったですね。ズシンと効きました。」
これはよくあることですが、
施術の間隔を空けると、その分、身体のゆがみが大きくなるので、
調整後の身体の変化がより大きく感じられます。
私は冗談半分にお答えしました。
「禁煙していて久しぶりに煙草を吸った感じでしょうか?」
Hさん。「そうそう、私も経験あるからわかります。」と同意してくださりました。
嗜好品の煙草としんそう療方を比べるのはちょっと変な気もしますが、
我ながら言い得て妙かなとも思いました。
一度、良い状態に整えられた身体は
常にそうありたいと望んでいるのです。
強く押したり揉んだりしなくても、
しんそう療方は身体に効くんですね。


しんそうタイムズ2017年3月号

2017年2月28日(火)晴れ


街を歩くと梅の花や桜の花が目につきます。吹きすぎる風はまだまだ冷たく感じますが、春はもう目の前ですね。この時期になると日本に生まれてよかったなとつくつく感じる私です。古来より私たち日本人は自然と調和して生活してきました。人間も自然の一部。全体の流れの中で悠々とした生命を育んでいます。
新聞やテレビでは連日のように北朝鮮による暗殺事件が報道されています。それ以外にも心を痛めるようなニュースが余りにも多い世の中ですね。
太陽の日を浴びながら風にそよぐ梅や桜の花々を見て、心静かに時を過ごしてみませんか。
今月の症例報告
今回の症例は、座間市にお住いのMさん(62才、女性)です。Mさんが初めてご来院されたのは2011年11月のことでした。腰痛がひどくてお困りとのことでした。以前は介護のお仕事をされていましたが、それが原因で辞められたとのことでした。後姿を拝見すると骨盤は右下がりで肩は左下がり、そして特徴的だったのは、右の肩甲骨がかなり出っ張っていたことでした。肩の動きで見ると上に挙げにくい側の肩甲骨が大きく出っ張ってしまうことが多いようです。最初は週に1度のペースで施術をスタートさせました。初回施術後、首の左側と左肩甲骨に痛みがでました。好転反応です。約9か月間継続しました。少し長くかかりましたが、「背骨でしっかりと身体を支えている実感があり、歩いたり炊事をするのが楽になりました。」とMさん。そこで施術を隔週に減らして約1年。そしてようやく月に1度のメンテナンス調整にはいりました。かなり時間はかかりましたが、Mさん曰く「接骨院や整体にずいぶん通いましたが、いっこうに良くならずに、こんなもんなのかなと諦めていました。」という状況から抜け出して、充実した日々を送られていることを共に喜び合いました。
ところが、2016年6月に大変なご病気が発覚。手術をされるということで、施術は中断となりました。
「またお会いできるかな?」と正直心配しておりましたが、4か月後にまたご来院くださり、現在は隔週の施術を継続中です。「身体を整えていただくと、とにかく体調が良いんです。」とMさん。
Mさんのお人柄は、とにかく穏やかで、例えて言うならば「春の海」でしょうか。波のない水面に日光がきらきらと乱反射して、世間の雑事をしばし忘れる…。そんな感じです。現在はご主人のお父様と同居されて、忙しい日々を送られていますが、大変なことも多い中、お話の最後はおだやかな笑い声に変わります。
「ここに来て身体だけでなく、心まで整えていただき、本当に嬉しいです。」と最大級のお褒めの言葉をいただき、しんそう療方を仕事にできて良かったと心から感謝する私です。
「時々は近くのファミレスで290円のランチをしてリフレッシュしているんですよ。」とMさん。
「え~、それだけ頑張っているんだからもう少し高いメニューでもいいんじゃないですか?」と私。
ここで大爆笑です。
私の大好きな作家の田辺聖子さんが仰っていました。
「楽しい会話は最高のご馳走である。」
本当にその通りだと思います。
笑うことで身体の免疫機能が上がるというのは良く言われますよね。
まだまだお薬による治療を継続中のMさんの健康の向上に、お役に立ちたいと切に願っております。


ショートカットの決意

2017年2月15日(水)晴れ

今日は日差しも強くて春の訪れを感じました。
さて、本日ご来院くださったWさん(29才、女性)は
初めてのご来院から1年になられます。
7年間、鬱病と不眠、背中と首の痛みにお困りでした。
現在は身体の痛みはほとんど無く、不眠に関しても
以前の半分の量の睡眠薬で済んでいるとのことでした。
根気よく施術を継続して、将来的にはお薬を止められるようになりましょうねとお話しました。
現在、3週に1度の施術でしたが、次回からは一月に1度になりました。
本日のWさんは髪をばっさりと切られて、印象がずいぶん違いました。
「少しボーイッシュにしてみました。」とWさん。
初めての時は不眠によるせいか、ぼーっとした精気のない表情でしたが、
現在はとてもエネルギッシュです。
身体も健康になり、前向きな気持ちになられたとしたら嬉しいです。
今日もビールが美味しかったです。
前のページ 次のページ

FC2Ad